買取本舗 稲沢店

スポンサードリンク

NISAと確定拠出年金、どちらが良いですか。比較してみましょう。

NISA、確定拠出年金について、おそらく皆さんはよく耳にされているでしょう。

貯蓄のみならず、資産運用に投資を考える人が増えてきています。

超低金利のこの時代に預金でお金を増やすことは容易ではありません。

皆さんはどのように資金運用をされているでしょうか。

 

投資といっても、やはりリスクが伴うもの。大きな額の投資はやはり不安です。

ここに記したNISAと確定拠出年金は、少額から始められる投資制度として注目されていますね。

この二つの制度について少し見ていきましょう。

 

「NISA」って?

「NISA」という愛称で知られる、少額投資非課税制度は、

多くの人に投資を始めてもらいたい、という国の趣旨で開始されました。

銀行や証券会社のNISA口座で資金運用をする際の制度です。

利益となる売却益や配当金に税金がかからないという点が話題になる理由です。

 

確定拠出年金って?

もう一つ、税金がかからない運用方法として注目される、

「確定拠出年金」についてNISAと比較しながら確認していきます。

確定拠出年金には、企業型と、個人型があります。

 

個人型確定拠出年金

今回は、個人型確定拠出年金に的を絞ってみていきたいと思います。

共通するのは、どちらも少額投資で始められるところです。

そして、運用中は利益の約20%が徴収されません。

 

例えば、10万円の利益がある場合、通常20%の2万円は徴収されますが、

この制度では、非課税となり、2万円も手元に残ります。

これは大きなアピールポイントです。ありがたいですね。

 

比較してみると?

NISAでは、上場株式や株式投信などの商品を購入できます。

非課税対象となる投資額は、年120万円まで、期間は5年間と定められています。

一方、確定拠出年金は、投資信託や預金などの商品が選べ、毎月自分で決めた額を積み立てます。

この制度の良い点は、積立額の全額が所得控除の対象となることです。

 

しかし、好きなだけ積み立てられるというわけではありません。

被保険者により異なりますが、上限額が決められています。

例えば、企業型制度に加入していない会社員などの場合、

月23,000円、年間276,000円が上限です。

 

商品を変更しながら資産運用ができますが、60歳になるまで中途解約ができないのが特徴です。

NISAのように、定められた5年間に売却、解約はできません。

他にも両者共に注意点がありますが、投資初心者でも利用できそうな制度ですね。

 

皆さんは、どちらが気になりましたか。

両者を比較すると、性質が異なりますね。

投資で用途に合わせてお金を増やし好きな時に解約ができるNISAと、

老後の蓄えのためにコツコツ積み立てする確定拠出年金。

 

それぞれ生活に合った制度で、楽しく資産運用していけたら良いですね。