NEWS24

スポンサードリンク

音声だけで様々な機能が使える便利な「スマートスピーカー」を解説

声だけで簡単操作出来る「スマートスピーカー」って何?

最近TVCMでも良く見たり、聞いたりするスマートスピーカー。
「AI(人工知能)」搭載で、メーカー指定の合言葉をささやくだけで、調べものや音楽、または家電製品のスイッチ変わりになったりする小さなスピーカーです。
スマホのGoogleなどで利用している方もいるのではないでしょうか?

自宅でリラックスしながら声だけで操作出来るとあり人気急上昇中です。
特に音楽好きの方には、たまらないスマートスピーカーの特徴は、360°サウンド機能がほとんどの機種に内臓されていて、どこにいてもキレイな音楽が聴けます。
また、料理が好きな方なら音声でレシピ確認出来るので、本をめくったりタブレットの画面に触れずにすむので、衛生面もバッチリ!
多種多様な使い方が出来ます。

 

人気スマートスピーカーの種類を比較してみた

各メーカーに特徴は色々ありますが、音楽にどの種類も力を入れています。
また、現代の暮らしのニーズに合わせてか、家電製品を留守中に作動させるシステムも搭載されているものが多くなっています。
こういった、便利機能が付いているのが当たり前のスマートスピーカーの人気機種には以下のような物がありました。

 

「SONY」LF-S50G Googleアシスタント搭載

特徴:「OK Google」と声をかけ質問やお願いをすれば動きます。
複数の人数の声を認識するので、家族に合わせた対応をしてくれます。
音楽再生、調べもの以外にも声登録しているメンバーの予定まで管理してくれます。
もちろん、対応している機器との連携も出来ます。

 

「Amazonシリーズ」EchoやEcho Dot、Echo Plusなど

特徴:「アレクサ」が合言葉で検索出来るAmazonシリーズのスマートスピーカーです。
Echoの頭脳には、Alexaクラウドベースの音声サービスが搭載されているため、話せば話すほど成長していき好みなどを覚えていきます。
「電気をつけて」と言えば電気のONも簡単にしてくれます。
AmazonMusicならアーティスト名や楽曲名からの再生もお手軽に。選曲お任せもOK。

「ONKYO」スマートスピーカーP3 Amazon Alexa対応/DTS Play-Fi対応 VC-PX30
特徴:音に特化した高音質のスマートスピーカー!多種多様な機能を搭載しています。
Amazon Alexaに対応したスマートホーム製品に関連するアプリにも対応。

まだまだ他にもスマートスピーカはありますが、使い勝手が良さそうな物を選んでみました。

スマートスピーカーの主な使い方や設定って難しいの?

スマートスピーカーは、インターネットに接続することで使用が可能になります。
人の音声にAIが反応し、暮らしに役立ってくれます。
音楽の再生や調べものだけでなく、スケジュールなどの管理にも使えます。
また、スマートホーム製品と連動していて、電気のスイッチONやOFF、留守中のルンバなどの電化製品の稼働などのサポートも出来ます。

 

設定方法は、各メーカーによって多少は変わりますが、基本的に操作案内がしっかり出ますので機械音痴の方でも設定することが出来ます。
Gogleアシスタントを使用するにあたって、Google Homeアプリをスマホなどでインストールしておく必要があります。
アカウントさえあれば、スムーズに設定することが出来ます。

 

宣伝は良くしているが、まだまだ普及には及んでいない

まだまだ、改良の余地があると言われているスマートスピーカー。
音声認識がしっかり出来ないなどのトラブルが生じることもあります。
ですが、音楽好きな方や、調べものを良くする方などには、とても便利な物なのではないでしょうか。
今後のより良い改善に期待です。